メインイメージ

本の紹介

IMG_2384.JPG
2015年1月1日から始まる相続税法改正で、全国で急増する相続貧乏。このサブタイトルに目をひかれて金曜日に購入しました。今回の改正では、大きく2つの変更があります。最高税率の引き上げと基礎控除の引下げです。基礎控除の引下げとは、従来5千万+1千万×法定相続人の数だったのが、3千万+6百万×法定相続人の数となったことで、4割も減額されています。たとえば、4人家族で5千万円の相続財産がある夫が亡くなり、妻と子供2人で財産を相続した場合、改正前の基礎控除は8千万円ですから、相続税の心配など必要などありませんでしたが、27年1月1日以降は、基礎控除額が4800万円にしかならず、200万円が相続税の課税対象になってしまいます。
税理士ブログ
ページトップへ